メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球を諦めない

/2 新潟、けが防ぐ指導徹底

協力し合う富樫さん(左から2人目)と石川さん(同3人目)ら=新潟市内で、高瀬浩平撮影

 <第88回選抜高校野球>

 新潟県でこの冬、「野球バイブル」のような冊子が生まれた。硬式や軟式、世代を超えて集まった県内の野球9団体が編集した「新潟メソッド」だ。子どもをけがから守り、礼儀やマナーを身につけさせ、甲子園で勝つために指導者や保護者が守るべきことを記した教本だ。

 新潟はかつて「野球弱小県」と言われた。雪国のハンディもあり、2006年にようやくセンバツ初勝利を挙げた。県立高の野球部長として甲子園を経験した富樫信浩さん(54)は、08年に県高野連理事長に就くと、県内の指導者たちと強化の道を探った。入り口は、だれもが悩む野球障害の予防にした。

 草野球チーム「アルプススタンズ」は、「甲子園のアルプス席で教え子を応援したい」と夢見る教諭たちの集…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文996文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  4. 社説 過労死防止の対策 残業規制だけでは足りぬ
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです