メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

球児よ壊れるな 元智弁和歌山のエース

すしを握る高塚信幸さん、センバツへの思いは特別だ=兵庫県洲本市で2016年1月15日、高橋祐貴撮影

 選抜高校野球大会が野球人生の転換点となり、特別な思いを持ち続けるすし職人が兵庫県洲本市にいる。1996年のセンバツで準優勝した智弁和歌山のエースだった高塚信幸さん(36)。この大会で肩を壊したことが原因で、プロ野球の近鉄に入ったものの1軍入りできないまま2003年に引退、すし職人に転じた。後輩の球児たちに「とにかくけがなく、マウンドから降りてほしい」と願う。

 高塚さんは96年センバツに智弁和歌山の2年生エースとして出場。1回戦から5試合に登板した。3試合目…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです