メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

球児よ壊れるな 元智弁和歌山のエース

すしを握る高塚信幸さん、センバツへの思いは特別だ=兵庫県洲本市で2016年1月15日、高橋祐貴撮影

 選抜高校野球大会が野球人生の転換点となり、特別な思いを持ち続けるすし職人が兵庫県洲本市にいる。1996年のセンバツで準優勝した智弁和歌山のエースだった高塚信幸さん(36)。この大会で肩を壊したことが原因で、プロ野球の近鉄に入ったものの1軍入りできないまま2003年に引退、すし職人に転じた。後輩の球児たちに「とにかくけがなく、マウンドから降りてほしい」と願う。

 高塚さんは96年センバツに智弁和歌山の2年生エースとして出場。1回戦から5試合に登板した。3試合目…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです