メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海星、春1勝 21世紀枠長田あと1点に涙

【長田−海星】海星の先発・春田=阪神甲子園球場で2016年3月24日、大竹禎之撮影

 第88回選抜高校野球大会5日目の24日は1回戦3試合。第3試合は、強打の海星(長崎)と21世紀枠の公立進学校・長田(兵庫)が対戦。投手戦となる中、小刻みに得点をあげた海星が、粘る長田を振り切って2回戦進出、センバツでの初白星を挙げた。

 ○海星(長崎)3−2長田(兵庫)●

 海星が1点のリードを守った。1点を追う三回2死二塁、2番・小川が左中間へ適時三塁打を放って同点。四回1死三塁、田川の適時内野安打で勝ち越した。先発左腕・春田と右腕・土谷の継投で逃げ切った。長田はエース園田が3安打に抑えて踏ん張ったが、九回1死一、三塁の好機に1本が出ず、初白星を逃した。

 海星・加藤慶二監督 園田君が想像以上に良く、低めの球でストライクを取られた。選手が頑張り、最終的に守り勝つことができたのは大きい。

 長田・永井伸哉監督 序盤のミスからの失点が痛かった。最後の打球は抜けるかと思ったが、相手の守備が一枚上だった。アルプススタンドには感激した。

関連記事

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

3月31日の試合

話題の記事

関連サイト