メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

智弁学園サヨナラで初V エース全試合完投

【高松商−智弁学園】サヨナラで優勝を決め喜び合う智弁学園の選手たち=阪神甲子園球場で2016年3月31日、猪飼健史撮影

 第88回選抜高校野球大会は31日、決勝戦が行われた。第1回大会(1924年)の優勝校の高松商(香川)と智弁学園(奈良)の対戦。今大会4試合目の延長戦となったが、延長十一回に智弁学園が粘る高松商を振り切って、春夏通して初の優勝を果たした。智弁学園のエース村上は、開幕戦の福井工大福井戦から全5試合を一人で投げ抜いた。

 ○智弁学園(奈良)2(延長十一回)1高松商(香川)●

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文597文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  4. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです