メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球手帳

球児のけが防げ 県青少年野球団体協が作製、配布 小学生から高校生「バイブルに」 /栃木

県青少年野球団体協議会が発行した野球手帳

 県高校野球連盟などで構成する「県青少年野球団体協議会」は、野球選手に多い肘や肩のけがや障害の予防方法などをまとめた「野球手帳」を初めて作製し、配布を始めた。県高野連の阿部司理事長(58)は「オール栃木で野球をする子どもたちを守りたい」と決意を語った。【野田樹】

 野球手帳は、高校野球が始まって100年の節目だった2015年度の記念事業として作製。同様の手帳を発行している新潟県などの例を参考に、NPO法人野球医療サポート栃木(笹沼秀幸代表)が編集し、約6000冊を作った。小学生から中学、高校と幅広い年代の選手や指導者らに配り、「…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文667文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]