メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

PL学園、初戦敗退…「最後の夏」終わる 大阪

 春夏の甲子園大会を7回制した高校野球の名門で、今夏限りで休部するPL学園が15日、全国選手権大阪大会の初戦となる2回戦で東大阪大柏原と対戦し、6−7で敗れた。

 PL学園は桑田真澄、清原和博両元選手の「KKコンビ」らの活躍もあり、1980年代を中心に一時代を築いた。一方で部内暴力などの不祥事が後を絶たず、昨春から新入部員の募集を停止。記録員1人を含む12人の3年生だけで「最後の夏」に臨んでいた。【野村和史】

関連記事

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト