メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツへ報徳学園 選手紹介/3 神頭勇介選手(1年) チャンスに力強い1本 /兵庫

神頭勇介選手

 <第89回選抜高校野球>

     中学時代、U15(15歳以下)日本代表で主将を務めたこともある注目選手。打撃では長打を意識しているが、秋季大会では単打が多く、「力強さが足りなかった」と振り返る。自宅では、砂の入った重いボールを父に投げてもらって、バットで打つティーバッティングに取り組む。その成果か、最近は強くスイングできるようになってきたといい、打力の向上を実感。「甲子園では力強いバッティングでチャンスに1本を出し、チームを勢い付けたい」と話す。

     中学時代は捕手だったが、高校では一塁手を任された。「エラーのないようにプレーしたい」と守備にも力を入れる。


     ■プロフィル

     ◆内野手▽身長176センチ、体重74キロ▽右投げ右打ち▽本多聞中

    〔阪神版〕

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト