メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

呉センバツ初出場 選手紹介/12 瀬戸升洸捕手(1年) /広島

瀬戸升洸捕手

 <第89回選抜高校野球>

    強気で負けず嫌い 瀬戸升洸(せとます・ひかる)捕手(1年)

     自らの強みを「強気で、負けず嫌い」と言い切る。同じ1年の西岡裕希選手は「監督に厳しいことを言われても、頑張ってやろうとしている」と話す。

     野球を始めたころから、甲子園でプレーすることを夢に見てきた。呉が2015年夏の広島大会で準優勝し、「公立高校で一番、甲子園に近い」と考え進学を決意。同じ中学の先輩が呉野球部にいることも後押しした。

     東広島市に自宅があり、入部してから寮生活を送る。練習に励み、休みの時は寮の仲間とテレビゲームで息抜き。「やるのはサッカーゲーム。野球のゲームはあまりしない」と笑う。

     将来は、理学療法士を目指している。

     東広島市立向陽中学出身。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    第4日目 3月23日

    • 仙台育英 (宮城)
      試合前 第1試合
      福井工大福井 (福井)
    • 秀岳館 (熊本)
      試合前 第2試合
      高田商 (奈良)
    • 帝京第五 (愛媛)
      試合前 第3試合
      作新学院 (栃木)

    話題の記事

    関連サイト