メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

89回センバツ 選手紹介/3(その2止) 日大三 /東京

金成麗生一塁手

 <第89回選抜高校野球>

     ◆日大三

    本塁打に成長実感 金成麗生(かなり・れお)一塁手(2年)

     昨年秋の東京大会で3本塁打を放ち、脚光を浴びた大型スラッガー。現在は4番に定着し「雰囲気を変えられる打撃を見せたい」と、チームの柱としての自覚を口にする。

     元々は投手で130キロ台後半の直球を武器にしていたが、打撃に専念するため一塁手に転向。秋の大会以降の練習試合では、ダブルヘッダーで1日3本塁打を記録したこともあり「階段を1段上がることができた」と成長を実感している。筒香嘉智選手(DeNA)のような強打者を目指す。

     バスケットボールも得意。ただ、その背の高さから、同級生とプレーする時は、相手がゴールを外したボールを奪うリバウンドを禁止されてしまうほど。【蒔田備憲】=つづく

     (1)左投げ左打ち(2)193センチ、101キロ(3)相模ボーイズ(神奈川)(4)本塁打を3本以上打つ。優勝


     プロフィルは(1)投打(2)身長、体重(3)出身中学・チーム(4)センバツへの意気込み

    〔都内版〕

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト