メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風にのって

高岡商・選手紹介/13 兄弟の夢、聖地で輝く 北岡駿選手(1年) /富山

北岡駿選手

 <第89回選抜高校野球>

    北岡駿(きたおか・しゅん)選手(1年)

     身長180センチの恵まれた体格を生かした長打力が光る。昨秋は代打2打席での出場にとどまったが、「チャンスで打てる打者になりたい」と闘志を燃やす。

     四つ上の兄拓巳さん=滋賀大硬式野球部=は高岡商の元主将だ。2014年夏に決勝まで進みながら富山商に敗れ、結局、甲子園には一度も行けなかった。スタンドから拓巳さんの悔し涙を見て「こんなに夢中になれる高校野球ってすごいな」と改めて思ったという。兄の背中を追いかけ、高商野球部に入部した。

     拓巳さんは厳しい練習後も家で弱音を吐くことは一度もなかったという。「自分は愚痴をこぼすこともある。兄にはまだ及ばない」。レギュラー奪取に向け、毎日欠かさず、居残り練習で納得できるまでバットを振っている。

     「甲子園は小さい頃からの兄弟の夢」。拓巳さんの分まで聖地で輝きたいと思っている。【大東祐紀】=つづく

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト