メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10人の飛躍

センバツ・不来方/下 逃げない投球、自信に 野手に任せる意識へ変化 /岩手

好投手を打ち崩すため、不来方の選手たちは打撃にさらなる磨きをかける=矢巾町の不来方高で

 昨年9月11日、花巻市は気温25度以上の夏日になり、花巻球場も熱気に包まれていた。秋季県大会の1回戦。遠野を相手に、不来方は序盤に満塁の好機をつかむと、舟山純平選手(2年)が走者一掃の三塁打を放つ。チームに勢いが付き、コールド勝ちを収めた。

 その後も勝ち進み、準決勝の花巻農との試合は今大会2度目の延長戦。好機に菊池勇輝選手(2年)が落ち着いて勝ち越しの二塁打を打ち、初の東北大会出場を決めた。

 決勝戦。盛岡大付に内野安打2本に抑え込まれる。連投で満身創痍(そうい)の小比類巻圭汰主将(2年)は…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文970文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです