メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変わるマネジメント

第89回センバツ/下 目指すは「ディズニー」

練習を見守る仙台育英の小野寺航希助監督(左端)

 <第89回選抜高校野球>

 仙台育英の練習は、佐々木順一朗監督(57)が直接関わることがあまりない。メニューを選手が作っているからだ。助言することはあっても決めるのは選手。「ラン(走り込み)系が足りないから増やしましょう」。つらい練習を自ら課してくることもある。メニューの作成から実践までの中心的存在は、現役部員が務める「助監督」。現在の小野寺航希助監督(2年)は1年の冬、部員間の話し合いで選ばれ、「チームの力になれるなら」と選手から転身した。

 部員主導のマネジメントの原点は約50年前。佐々木監督の前任で東北高時代の恩師、竹田利秋氏(76)=…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  2. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  5. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです