メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

延長制し盛岡大付サヨナラ勝ち 高岡商降す

【高岡商-盛岡大付】二回裏盛岡大付2死、松田が左越え本塁打を放つ(捕手・筏)=阪神甲子園球場で2017年3月20日、宮間俊樹撮影

 第89回選抜高校野球大会第2日の20日は1回戦3試合。第1試合は高岡商(富山)と盛岡大付(岩手)が対戦。両校打線が打ち合う接戦となり今大会2度目の延長戦に突入したが、盛岡大付が10-9で高岡商にサヨナラ勝ち。2回戦にコマを進めた。

 ○盛岡大付(岩手)10-9高岡商(富山)●(延長十回)

 打撃戦の末、盛岡大付がサヨナラ勝ち。1点を追う十回、松田の四球を足がかりに無死二、三塁とし、林が中前に2点適時打を放った。盛岡大付は一回に3連打で2点、四回に4連打などで3点を挙げるなど集中打で食らいついた。高岡商も一回の筏の本塁打など長打を集めて得点を重ねたが、救援の伏見が粘りきれなかった。

 盛岡大付・関口清治監督 打撃は鍛えてきた結果が出た。(十回裏は)無死だったので、林にはリラックスして打ってくれと思っていた。

 高岡商・吉田真監督 土合は追い込んでからの変化球を拾われて苦しんだが、六回以降は持ち味を出した。打線は2桁安打を放ち、収穫があった。

関連記事

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト