メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そつなく攻め前橋育英 中村降し春初勝利

【中村-前橋育英】二回裏前橋育英1死二、三塁、田中が中前2点適時打を放つ(捕手・中野)=阪神甲子園球場で2017年3月20日、宮間俊樹撮影

 第89回選抜高校野球大会第2日の20日は1回戦3試合。第3試合は前橋育英(群馬)と、21世紀枠の中村(高知)の対戦。そつなく攻めた前橋育英が5-1で中村を降し、センバツの初白星をあげ2回戦に進出した。

 ○前橋育英(群馬)5-1中村(高知)●

 前橋育英が継投でリードを守った。二回に田中の2点適時打で先制。六回は小池の2点適時二塁打などで追加点を挙げた。投げては先発・丸山が力で押して好投。六回途中から救援した皆川が勝負どころをしのぎ、八回以降は根岸が1失点にまとめた。中村は北原の完投も実らず。九回に1点をもぎ取り、粘りを見せた。

 前橋育英・荒井直樹監督 6年前は1回戦負け。(センバツ初勝利は)喜ばしい。(田中の起用は)努力して力をつけた。打撃は粘り強く足もある。

 中村・横山真哉監督 完敗だが力は出し切れた。県立でもここまでできることを証明できた。アルプスの声援がうれしくて、胸がいっぱいになった。

関連記事

あわせて読みたい

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト