メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多治見センバツ初出場 夏に再起誓う 監督・主将、古田肇知事の話 /岐阜

雰囲気にのまれた 多治見・高木裕一監督

 気持ちをしっかり整えようと話したが、打ち取った当たりをアウトにできないなど悪い流れだった。大歓声は本当にうれしかった。雰囲気にのまれて硬くなってしまった。

    全員で楽しめた 多治見・佐藤昂気主将

     緊張したが、今の力を出し切り、全員で楽しむことができた。圧倒的に不足している打撃力と併せ、投手陣もレベルアップして、夏までに報徳学園の実力に近づけるよう頑張りたい。

    戦い抜いた姿立派 古田肇知事

     大変残念な結果になったが、球場に駆けつけた多治見市民や県民の大声援を背に、最後まで戦い抜いた姿は立派だった。貴重な経験を夏に生かしてほしい。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト