メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私も恋をした・センバツ球児へ

日本スポーツ振興センター理事長 大東和美さん

学生時代の経験を語る日本スポーツ振興センター理事長の大東和美さん=東京都港区で2017年3月6日、藤井太郎撮影

 <2017 第89回センバツ高校野球>

同期の結束、一生モノ 大東和美さん(68)=報徳学園

 ラグビーは報徳学園高校で始めました。4番打者もエースストライカーもいない、15人のチームワークで戦うことに魅力を感じました。ポジションはプロップやフッカー。スクラムやタックルなどの接触プレーが多く、練習は非常に厳しかったですね。故前田豊彦監督は熱血漢で、「ラグビーだけでは駄目。しっかり勉強もしなさい」と教えられました。

 報徳学園は兵庫県西宮市にあり、甲子園は地元なんです。野球部は、同級生が1965年と66年に夏の甲子…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文871文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです