メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明治大教授の斎藤孝さん=東京都港区で、中村藍撮影

 <2017 第89回センバツ高校野球>

自分自身を乗り越えて 斎藤孝さん(56)=静岡

 高校時代はテニスにのめり込みました。内心、注目を浴びる野球部に張り合う気持ちがあり、野球部より長く練習しようとしていました。

 サーブは「この一球しかない」と思って臨みました。「この一球は絶対無二の一球なり されば身心を挙げて一打すべし……」。部室に日本テニス界の先駆者、故福田雅之助さんの言葉を書いた色紙が飾ってありました。徒然草にも「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。後の矢を頼みて、初めの矢になおざりの心あり。毎度ただ得失なく、この一矢に定むべしと思え」とあります。重要な局面で気持ちを落ち着かせようと息を止めたり吐いたりして工夫しました。20代から呼吸法や体と心はつながってい…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鍋に顔つけられた男性会見 加害者の社長に「罪をつぐなってほしい」
  2. 福島火災 火の海、住民絶句 夫の携帯に「熱いよ」
  3. 福島火災 7人目の遺体見つかる 子供4人含む一家か
  4. 日産会長逮捕 「日本人の陰謀」 仏経済紙が報道
  5. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです