メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

清宮くん、プロか進学か 即プロで課題克服/大学で人脈作りを/理想は「大谷コース」

高校通算108本目となる本塁打を放った清宮幸太郎選手=千葉県内で2017年8月25日、中村藍撮影

 早稲田実・清宮幸太郎選手の季節は、夏が過ぎても終わらない。甲子園出場は逃したものの、高校通算でホームランは最多記録の109本。高校球界の「怪物」の進路に熱い視線が注がれている。【鈴木梢】

 夏の甲子園のグラウンドに、清宮選手の雄姿はなかった。ホームランが量産された今大会。スタンドに放物線が描かれるたびに、清宮選手を思い浮かべた人がいる。「清宮であれば投手が右腕でも左腕でも、豪快なホームランを打っただろうと強く思いました。ミート力は抜群。後輩だから褒めるのではなく、高校生の中では間違いなくトップですよ」

 こう話すのは、1980年の夏、早実の1年生投手として甲子園準優勝を果たした荒木大輔さん(53)。プ…

この記事は有料記事です。

残り2354文字(全文2657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. 社説 平和賞にトランプ氏推薦 安倍首相、ご冗談でしょう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです