メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/1(取材後記) 1人親家庭の子ども 入部が増える理由

河原で練習に励む少年野球チーム。入部の理由は家庭によってさまざま=大阪市内で、2017年4月29日、長田舞子撮影

 「1人親家庭の子どもの方が、良い道具を持っている」と話す軟式野球チームの代表がいた。そのチームでは約40人の選手のうち、4分の1が母子家庭や父子家庭の子どもだという。「離婚して可哀そうな思いをさせてしまっている」という思いから、なるべく子どもの好きなようにさせてあげたいと考える親が多いのだという。

 取材のなかで、1人親家庭の子どもの入部希望が増えているという話を度々耳にした。親が働いていて帰りが遅くなるため、子どもを近所の野球教室に通わせるこ…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです