メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/1(取材後記) 1人親家庭の子ども 入部が増える理由

河原で練習に励む少年野球チーム。入部の理由は家庭によってさまざま=大阪市内で、2017年4月29日、長田舞子撮影

 「1人親家庭の子どもの方が、良い道具を持っている」と話す軟式野球チームの代表がいた。そのチームでは約40人の選手のうち、4分の1が母子家庭や父子家庭の子どもだという。「離婚して可哀そうな思いをさせてしまっている」という思いから、なるべく子どもの好きなようにさせてあげたいと考える親が多いのだという。

 取材のなかで、1人親家庭の子どもの入部希望が増えているという話を度々耳にした。親が働いていて帰りが遅くなるため、子どもを近所の野球教室に通わせるこ…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです