メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/1 増える保護者の負担 費用・労力、家庭を圧迫

練習場所へ移動するため、車に乗りこむ小学生=青森県弘前市内で、安田光高撮影

 野球の足元が揺らいでいる。経済的、人的負担による野球離れや再チャレンジの難しさなど野球の裾野が狭まっている。その一方で、高校での「野球留学」が増加するなど、野球に積極的な層との二極化の傾向も見せている。第2部では少子・格差時代の選手、保護者の野球との関わり方にスポットを当て、「国民的スポーツ」の変容を追う。【長田舞子、田中将隆、安田光高】

 近所の原っぱでの遊びだった野球は、今では「投資」という側面も強まってきている。子どもの野球のための…

この記事は有料記事です。

残り1035文字(全文1256文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです