メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/1 増える保護者の負担 費用・労力、家庭を圧迫

練習場所へ移動するため、車に乗りこむ小学生=青森県弘前市内で、安田光高撮影

 野球の足元が揺らいでいる。経済的、人的負担による野球離れや再チャレンジの難しさなど野球の裾野が狭まっている。その一方で、高校での「野球留学」が増加するなど、野球に積極的な層との二極化の傾向も見せている。第2部では少子・格差時代の選手、保護者の野球との関わり方にスポットを当て、「国民的スポーツ」の変容を追う。【長田舞子、田中将隆、安田光高】

 近所の原っぱでの遊びだった野球は、今では「投資」という側面も強まってきている。子どもの野球のための…

この記事は有料記事です。

残り1035文字(全文1256文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです