メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/2(取材後記) 15歳で親元離れ 胸の奥には「郷土」

松山聖陵の荷川取監督(左)の前で打撃練習をする新城=2017年4月13日、愛媛県松山市の松山聖陵高で安田光高撮影

 昨年12月、育成会の大会を取材した際、中学卒業後に沖縄から出る選手に話を聞いた。当時浦添中学3年だった新城健太郎と本永大。本永は出る理由として「内地に行った方がいろんなチームと試合ができて、技術が磨ける」と答えた。一球児として純粋に挑戦したい気持ちからだった。

 2人の進学先は松山聖陵(愛媛)。前年夏には春夏通じて初めて甲子園に出場した。入部後に話を聞くと、新城は「い…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです