メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/3 挫折球児の再挑戦 回り道、いいじゃない

練習場所が限られる中、駐車場で素振りをするルーキーズのメンバー=浅妻博之撮影

 挫折した元高校球児が集まるクラブチームがある。「NPOルーキーズ」。愛知県知多市の廃校となった県立高校のグラウンドで、約20人の選手が毎日、野球の練習に励む。けんかや上下関係のトラブル、校則違反などで高校を中退した若者たちは、野球を通じて人生の再チャレンジを目指している。

 かつては野球エリートの道を歩んでいた元球児(18)は「普通の高校でやり直せるとは思えなかった」という両親の勧めでやって来た。小学校時代はプロ野球のジュニアチームで4番を任され、中学では東海地区の強豪ボーイズに在籍。一時、夜遊びに走って野球を離れたものの、強豪高校にスポーツ推薦で入学した。しかし、練習をサボったり、禁止の携帯電話を持ち込んだり。監督から「もう預かれない」と告げられ、1年で退学した。

 ルーキーズは2010年、夢や目的を失った選手らに、再起の機会を与えるべく結成された。高校卒業の資格…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文990文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです