メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/4 寮生活、時代で変化 球児に自由時間を

夕食後に電話をかける愛工大名電の選手

 高校野球の寮生活というと「野球漬け」のイメージが一般的だ。イチロー(マーリンズ)ら数々のプロ野球選手を輩出してきた愛工大名電(愛知)では、全部員が同じ部屋で寝泊まりする。携帯電話の所持は禁止で、外部との連絡手段は玄関にある灰色の公衆電話のみ。夕食後、テレホンカードを手に選手が次々と現れる。

 倉野光生監督は携帯電話を禁止する理由を「夜にネットで調べたり、友達に返信したりして、寝られなくなる」と説明する。ただ、今の球児は子どもの頃からスマートフォンに慣れ親しんでいる世代。「携帯禁止を理由に来てくれない選手もいた。彼らにとってスマホがないのは、我々が車を使えないのと一緒」と理解も示す。週1回のオフには帰宅を認め、自宅では自由にスマホを使える。

 一方、携帯電話を全面的に解禁している高校もある。岡山学芸館の寮はWi-Fi完備。部員たちは制限なく…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文1007文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです