メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/5(取材後記) 夢見る舞台は早慶戦 自主性重んじ泥臭さと無縁

森林監督の話を聞く慶応の選手たち。100人を超える部員が野球も学業も競争している=横浜市港北区のグラウンドで2017年4月28日、浅妻博之撮影

 長い前髪にスラッとした背の高さ、大きな体つきはまるで大学生のよう。学校のグラウンドでインタビューする際、慶応の森野壮真(3年)に初めて会った時、高校球児だとは思わなかった。「早慶戦はかっこいい。あそこの中で自分も野球をやりたいから慶応を選んだ」。華やかな東京六大学への思い入れの強さに驚かされた。

 早慶戦は東京六大学リーグの早大と慶大が対戦する伝統の一戦で、大学スポーツの華と言われ…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです