メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第2部 少子・格差時代に/5(取材後記) 夢見る舞台は早慶戦 自主性重んじ泥臭さと無縁

森林監督の話を聞く慶応の選手たち。100人を超える部員が野球も学業も競争している=横浜市港北区のグラウンドで2017年4月28日、浅妻博之撮影

 長い前髪にスラッとした背の高さ、大きな体つきはまるで大学生のよう。学校のグラウンドでインタビューする際、慶応の森野壮真(3年)に初めて会った時、高校球児だとは思わなかった。「早慶戦はかっこいい。あそこの中で自分も野球をやりたいから慶応を選んだ」。華やかな東京六大学への思い入れの強さに驚かされた。

 早慶戦は東京六大学リーグの早大と慶大が対戦する伝統の一戦で、大学スポーツの華と言われ…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです