メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第3部 生き残り懸けて/1 「売り手市場」加速 「金の卵」奪い合い

U-15アジア選手権に臨んだ日本代表。高校での活躍が期待される

 少子化や野球離れが進み、高校野球に力を入れている学校にとって厳しい時代になっている。そんな中、特待生制度を利用する私学だけでなく、公立校までもが独自の方法で有力選手の入学や育成に力を注いでいる。第3部では、生き残りを懸け、あの手この手で奮闘努力する各校の姿を追う。

 11月上旬に静岡県伊豆市内で開催された軟式のU-15(15歳以下)アジア選手権。中学校の軟式野球の全国大会での活躍などをもとに選考された日本代表チームは、地元開催で優勝した。その会場には、高校の硬式の指導者の姿もあった。

 日本高校野球連盟の規定では、高校野球関係者が中学生選手側と接触するには、中学校長の承認の上、担任や…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1159文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです