メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第3部 生き残り懸けて/5 中学指導者、変革呼ぶ

就任後、初の甲子園となった16年のセンバツで練習を見守る秀岳館の鍛治舎巧前監督(左)=久保玲撮影

 中学生年代の少年野球チームの指導者を監督として招き、一緒に選手も獲得するという手法で一躍有名になったのが、今年の夏まで4季連続甲子園出場を果たした秀岳館(熊本)だ。夏の甲子園を区切りに退任した鍛治舎巧氏(66)は、少年硬式野球チーム「枚方ボーイズ」(大阪)で全国優勝を果たした監督だった。

 鍛治舎氏と秀岳館との出会いは2001年、初出場した夏の甲子園。はつらつとしたプレーが当時、NHKの解説をしていた鍛治舎氏の目に留まった。その後、枚方の選手を送り出すなど縁が続き、14年4月に秀岳館の監督に就任。「熊本のカンフル剤になる」が目標だった。

 16年春に13年ぶりのセンバツ出場を果たし、ベスト4に進出。九鬼隆平(現ソフトバンク)や松尾大河(…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです