メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第3部 生き残り懸けて/6止 細る特待生、窮地の地方

「1学年5人以内」とする特待生制度を決め、会見する奥島孝康・日本高校野球連盟会長(左、肩書は当時)=小松雄介撮影

 「特待生」の存在は2007年、プロ野球・西武のアマチュア2選手への裏金供与に端を発し、問題化した。日本高校野球連盟は09年に「1学年5人以下」のガイドラインを設定。免除は入学金と授業料のみとし、12年に特待生制度として定めた。その後の社会状況の変化などもあり、制度は岐路を迎えている。

 高校進学を機に他県へ出る選手が多い大阪で、「地殻変動」が起きている。きっかけは、10年度に始まった大阪府による私学無償化。現在は年収590万円未満の世帯を対象に、授業料が無料となっており、私学に通う生徒約9万5000人の約5割が対象だ。金銭的な負担減を目当てに、他都道府県の学校に特待生として進学する必要性が低くなった。近畿の他府県の私学監督は「無償化が特待生の代わりになっている」と訴える。

 実際、日本高野連の調査では、大阪以外の夏の地方大会でベンチ入りした大阪の中学出身者数は減少傾向にあ…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文1019文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]