メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

前秀岳館の鍛治舎監督、母校の県岐阜商へ

 今夏の全国高校野球選手権大会出場を最後に熊本・秀岳館高の監督を退任した鍛治舎巧さん(66)が来年3月、母校の県岐阜商高の監督に就任する見込みであることが分かった。同校の校長が25日、就任を打診した。鍛治舎さんは取材に、「お受けする方向で考える。全国の強豪と肩を並べるチームにしたい」と話した。

     鍛治舎さんは岐阜県生まれ。早大から1974年に松下電器(現パナソニック)に入社。現役引退後は監督も務めた。その後、パナソニック専務役員などを歴任する一方で、少年硬式の強豪チーム「枚方ボーイズ」の監督を務めた。2014年に秀岳館高監督に就任し、昨年春の選抜大会から今夏まで4季連続で甲子園出場を果たした。

     県岐阜商高は甲子園大会に春夏合わせて56回出場し、春3回、夏1回の優勝を誇る。最近では、15年選抜で8強。夏は12年を最後に甲子園出場がない。【藤田健志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
    5. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]