メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球

前秀岳館の鍛治舎監督、母校の県岐阜商へ

 今夏の全国高校野球選手権大会出場を最後に熊本・秀岳館高の監督を退任した鍛治舎巧さん(66)が来年3月、母校の県岐阜商高の監督に就任する見込みであることが分かった。同校の校長が25日、就任を打診した。鍛治舎さんは取材に、「お受けする方向で考える。全国の強豪と肩を並べるチームにしたい」と話した。

     鍛治舎さんは岐阜県生まれ。早大から1974年に松下電器(現パナソニック)に入社。現役引退後は監督も務めた。その後、パナソニック専務役員などを歴任する一方で、少年硬式の強豪チーム「枚方ボーイズ」の監督を務めた。2014年に秀岳館高監督に就任し、昨年春の選抜大会から今夏まで4季連続で甲子園出場を果たした。

     県岐阜商高は甲子園大会に春夏合わせて56回出場し、春3回、夏1回の優勝を誇る。最近では、15年選抜で8強。夏は12年を最後に甲子園出場がない。【藤田健志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. レジオネラ菌 3人感染、1人が死亡 加湿器から広がる 国東の施設 /大分
    2. 気象庁 週明けに都心も大雪警戒 低気圧通過、強い寒気
    3. 殺人未遂 女子高校生ナイフで刺す、中学生逮捕 鹿児島
    4. 鹿児島の公園 刺された女子高生「振り向きざま後ろから」
    5. 記者の目 仙台の父親刺殺、懲役11年判決 深刻な面前DV、調査急げ=坂根真理(生活報道部)

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]