メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ21世紀枠

候補校紹介/3 藤岡中央(関東・群馬) 「地元初」悲願へ一丸

ダッシュ練習を繰り返す藤岡中央の選手ら

 合言葉は「藤岡から甲子園へ」。群馬県南西部に位置する藤岡市内から初めての甲子園出場を目指している。

 部員はマネジャー3人を含め24人で、うち19人が地元出身だ。2005年の創立当初、地元の有力選手は高崎市など近隣の強豪校に進学していた。流れを変えたのは青年監督の熱意だった。古平一貴監督(33)は13年に赴任し、コーチを経て15年に監督に就任。赴任以来、市内の中学校を回り、「地元を盛り上げたい」と思いを伝え続けた。

 思いが形になり始めたのは、現在の2年生が入学した頃からだ。主将の下田匡希(2年)は「地元の高校が勝…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文789文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]