メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

センバツ21世紀枠

候補校紹介/4 大垣西(東海・岐阜) けが予防、継投で分担

肩や肘の触診を受ける大垣西の投手・酒井(右端)

 スポーツ障害の予防に積極的に取り組んでいる。投手陣は日本体育協会公認のスポーツドクター、白木整形外科(岐阜市)の白木明医師(63)を定期的に受診。肩、肘のレントゲン写真は保存され、違和感がある時は良い状態の写真と比較することで、いち早く異常を見つけられる。

 原点は、2015年に就任した小牧憲充監督(51)の岐阜城北での部長時代にある。06年の選抜では左腕・尾藤竜一(元巨人育成)を擁して4強入り。その後も右腕・伊藤準規(中日)などをプロに送り込んだ。その一方で、エースがけがで苦しむ姿を見てきた。監督自身も投手に転向した大学時代、けがに悩まされた。「上を目指したい選手もいるし、無理はさせたくない」と過度な負担を避ける方策を考えた。

 昨秋のチームは、酒井大知、高崎健汰、高橋誓悟(いずれも2年)の3人の継投が基本。公式戦での完投は一…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文799文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  2. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]