メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第4部 カントク模様/3 「男の世界」挑む女性

捕球練習を指導する市川監督(左)=安田光高撮影

 女子マネジャーが甲子園練習でグラウンドに出られるようになるなど、女性の存在感が増している高校野球。ただ、女性監督となるとほとんどいない。日本高校野球連盟の実態調査によると、2008年度には3人、13年度は1人。現在でも数えるほどだ。その一人、東京電機大高の市川麻紀子監督(44)は「長く続けるのが難しい」と実感している。

 市川監督は中学と大学でソフトボール経験があり、東京電機大中で軟式野球の監督を務めていた。前任者の異…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです