メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

18センバツ国栃/中 春への軌跡 適材適所の「分業制」 3投手、監督が見極め /栃木

<右>落ち着いたマウンドさばきで試合の流れを築く先発の水沢龍太朗投手<中>スライダーなど制球力が抜群で中継ぎを務める渡辺匠投手<左>強気な投球で試合を締める抑えの宮海土投手=栃木市平井町の国学院栃木高で

 <第90回記念選抜高校野球>

 昨年10月23日、秋晴れのサーティーフォー保土ケ谷球場(横浜市)で、国学院栃木は市川越(埼玉2位)との関東大会1回戦に臨んだ。先発した右腕の水沢龍太朗投手(2年)が「目標だった投手陣での勝利を達成した」と振り返ったこの試合は、チームの強みを伝えていた。

 水沢投手は球質の重い直球に変化球を織り交ぜ、4回を無失点と好投。五回からは制球力がチーム随一の技巧派左腕・渡辺匠投手(2年)、七回からは強気な内角攻めが光る本格派左腕、宮海土(かいと)投手(2年)へと「勝利へのバトン」が渡り、2-1で投手戦を制した。

 3日後の慶応(神奈川2位)との準々決勝も3投手のリレーで粘ったが、2-3で惜敗。それでも、関東大会…

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1178文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  4. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  5. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです