メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春に翔ぶ

富山商創部100年 戦力分析/上 合言葉は「スイング強化」 /富山

打撃練習に励む富山商の選手たち=富山市庄高田の同校で、鶴見泰寿撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

     第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する富山商が、昨秋の県大会と北信越大会で戦った計8試合の成績を基に、打撃と守備を2回に分けて分析する。【鶴見泰寿】

     攻撃は、リードオフマンの横尾和樹選手(2年)と主砲の石橋航太選手(2年)を軸とした上位打線で得点するのが特徴。チーム打率は2割9分4厘、6人が打率3割を超える。公式戦8試合のうち4試合で2桁安打を記録した。

     チームトップの打率4割3分3厘を誇る横尾選手は、広角に打てる器用さで、チーム最多の13安打を放った。パンチ力もあり1本塁打も記録した。広浜虎威(とらい)選手(2年)は二塁打3本、三塁打2本を放つなど長打力が魅力。打率3割1分の福島幹主将(2年)は安定感に定評がある。石橋選手はチーム最多の3本塁打、打点10の活躍で、高校通算本塁打は21だ。

     一方で、1試合平均の盗塁は1・6で、犠打飛は2・6。好投手がそろう全国の舞台で少ないチャンスを広げるためにも、前崎秀和監督(40)は「まだ足らない」と注文する。

     また、守備から攻撃につなげる富山商野球に幅を持たせるため、冬場は「大量得点するためのスイング力の強化」を合言葉に練習に励んだ。打率3割を超える山本龍也、石田陸、奥井颯汰の各選手(いずれも2年)の長打力の成長に期待が寄せられる。

     上位打線で作った好機を、下位打線がどれだけ広げ、大量得点に結びつけられるか--。甲子園で勝利を呼び込むポイントになりそうだ。


     ◆予想メンバーと個人成績◆

     監督 前崎秀和  部長 柳田敦子

    打順 守備位置  氏名  学年 出身中学  身長 体重 試合数 打数 安打 打点 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策   打率

     8  投手  沢田龍太  2 呉羽   183 81   8 27  4  3   1 12   0  0  1 .148

     5  捕手  山本龍也  2 岩瀬   168 72   8 24  8  6   0  6   4  1  0 .333

     7  一塁 ▽奥井颯汰  2 速星   174 73   8 32 11  5   0 12   1  0  1 .344

     3 ◎二塁 ▽福島幹   2 桜井   172 68   8 29  9  4   0  3   8  4  1 .310

     9  三塁  石黒賢一  2 小杉   170 68   8 24  5  1   0  3   3  2  2 .208

     6  遊撃 ▽石田陸   2 上滝   171 69   8 29  9  1   1  4   5  2  2 .310

     1  左翼 ▽横尾和樹  2 新湊南部 170 75   8 30 13  7   1  4   6  0  1 .433

     4  中堅  石橋航太  2 魚津西部 179 82   8 28  9 10   3  1   8  1  0 .321

     2  右翼 ▽広浜虎威  2 鷹施   165 67   8 35  9  3   0 10   4  3  0 .257

        補   天野匠   2 魚津西部 173 73   -  -  -  -   -  -   -  -  -    -

            宮腰武   1 小杉   176 75   -  -  -  -   -  -   -  -  -    -

            森陽斗   1 山室   170 64   -  -  -  -   -  -   -  -  -    -

           ▽中元武志  2 奥田   170 72   1  2  0  0   0  0   0  0  0 .000

            後藤大明  1 和合   163 58   -  -  -  -   -  -   -  -  -    -

            前田幸輝  1 新庄   172 72   1  1  0  0   0  0   0  0  0 .000

            三谷岬史朗 1 呉羽   167 67   -  -  -  -   -  -   -  -  -    -

           □亀田眞の介 1 魚津西部 176 70   1  0  0  0   0  0   0  0  0    -

           ▽田村一稀  1 雄山   169 63   1  1  0  0   0  1   0  0  0 .000

           ▽中川善寛  2 富山西部 168 67   -  -  -  -   -  -   -  -  -    -

     (◎は主将、▽は右投左打、□は右投両打)

     ※数字はチームが主催者に提出した資料による。

    関連記事

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト