メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春を呼ぶ

センバツ90 話題校/5 秋春連覇に照準 明徳義塾(高知)

素振りをする明徳義塾の選手たち=久保玲撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

 昨秋、36年ぶりに明治神宮大会を制し、チームは全国で通用するという自信を手にした。その一方で、「過信になって向上心がなくなる人もいた」と中軸を担う谷合は語る。慢心を取り除くために、馬淵監督は例年以上に冬場の練習で細かく指示を出し、選手らに発破をかけてきた。

 神宮大会を制した秋の王者がセンバツでも優勝したのは2002年の報徳学園(兵庫)を最後にこれまで3校しかない。同一チームで戦うのは同じだが、春夏連覇は7校が達成している。外野部分が人工芝の神宮球場に対して、甲子園は天然芝と、球場の特性が異なっていることが「秋春連覇」の難しさを加…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 障害者雇用 水増し「悪質だ」 進次郎部会長、初日からビシバシ
  4. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです