メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第5部 変わる常識/4(取材後記) 監督と選手 練習後は上下関係リセットを

選手と雑談をする関西学院の広岡監督(左から3人目)=兵庫県西宮市の関西学院グラウンドで2018年2月22日、安田光高撮影

 毎年3学年で約120人の大所帯となる関西学院(兵庫)の広岡正信監督(64)は選手との距離感を大事にしているという。「遠くても声が届かないし、近すぎてもがんじがらめになる」

 日々の練習では直接指示することはほぼない。「例えば、打撃がいいので捕手から右翼に転向させようとする。直接、本人に言ったら試合で使わないといけなくなる。また右翼でこれまで頑張った選手はどう思うか」。転向させる場合はコーチに言わせるといい、監督の顔色をうかがいがちな選手へ配慮する。直接指導するのは関学大の学生コーチ。各学年に4~10人おり、技術指導のほか、将来の話なども相談に乗っている。

 一方、練習以外では親しみやすい関係を築く。取材した日もグラウンドで写真撮影をする際、広岡監督は自主練習をしている選手を見かけるとすぐに声をかけた。「おーい、お前たちも一緒に撮ろう。新聞に載るかもしれんぞ」。50歳近く年が離れた選手に気さくに話していた。

 指導する側と指導される側はどうしても上下関係になる。それが過剰になって体罰につながっていく。だからこそ、練習が終われば、選手に歩み寄って同じような立場で会話し、上下関係をリセットするのは効果的だと思う。

 緊張と緩和。体罰撲滅へのヒントだと思う。【安田光高】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東京地裁 目黒女性殺害、被告が殺人罪否認、遺棄は認める

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです