メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第5部 変わる常識/4 体罰 暴力阻止へ撲滅宣言

指導者に向けて体罰撲滅について講演する日本高野連の常本審議委員長=福岡市の九産大で

 約200人の指導者を前に日本高校野球連盟の常本明・審議委員長が強い口調で訴えた。「高校野球の指導に殴る蹴る、暴言を吐くというメソッドはない」。福岡市内で23日、春季大会の抽選会に合わせ、「体罰撲滅」をテーマにした講演が行われた。例年1件程度だった指導者の体罰が、今年度はすでに3件。福岡県高野連の野口敦弘理事長が「異常事態」と見たためだ。

 福岡県高野連では昨年4月、「体罰撲滅宣言」を採択した。高知や奈良、香川でも宣言し、指導者が体罰をし…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文989文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです