メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む!

’18センバツ由利工 戦力分析/上 投手 エース、奪三振でけん引 救援陣も冬場に成長 /秋田

ハウス内で投球練習をする佐藤亜蓮投手=由利本荘市で

 <第90回選抜高校野球>

 第90回記念選抜高校野球大会が23日に開幕する。「地域に愛される学校」として21世紀枠をつかんだ由利工(由利本荘市)だが、昨秋の東北大会で8強に躍進した実力も評価された。そんなチームの特長や冬場の取り組みを、3回に分けて紹介する。まずは投手力。【川口峻】

 昨年9月の県大会第3代表決定戦。九回裏、最後の打者を空振りで打ち取った佐藤亜蓮(あれん)投手(2年)は、右の拳を握りしめた。この日は11奪三振の力投で、エースとして初の東北大会にチームを導いた。

 佐藤投手がベンチ入りしたのは入学直後。その秋からエース番号を背負う。最速142キロの直球にスライダ…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  4. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  5. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです