メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来への提言

センバツ90/4 複数投手、促す制度を 元五輪野球日本代表チームドクター・渡辺幹彦さん

 <第90回記念選抜高校野球>

元五輪野球日本代表チームドクター・渡辺幹彦さん(57)

 医学やトレーニングが進歩しているにもかかわらず、肩や肘を痛める選手が減っていないというのが、野球に関わっている医者全体の認識だ。早ければ小学3、4年で肘の痛みが出て、ピークは5年から中学1年。肩の痛みは中学3年から高校1、2年に出てくる。

 野球は難しいスポーツ。反復練習をすれば必ずうまくなると考える指導者も選手も多いが、間違った方法で繰…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1126文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです