メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝負心・春

2018センバツ中央学院 第4部・4人のコーチ/1 母校に貢献思い強く 福嶋翔平コーチ /千葉

福嶋翔平コーチ

 <第90回記念選抜高校野球>

福嶋翔平コーチ(28)

 昨年10月28日、関東大会決勝。会場となった横浜市の球場の待合室で初優勝を見届けると、ボールボーイを務める野球部員たちとハイタッチをして一緒に喜んだものの、彼らが部屋を出て行き1人になると涙をこらえられなくなった。「やっと中央学院が動き出した」

 中央学院高2年だった2006年。夏の大会直前に監督と部長が突然辞任し、主将がメニューを考え、他の教師が交代で練習を見る日々が続いた。迎えた大会は初戦で敗退。相手は前年秋にコールド勝ちした学校だった。

 大会後。しっかり練習しようという思いは空回りし、部員同士の衝突も増えた。そんな中、部長に就任したの…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1100文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです