メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強者に勝て

’18センバツ下関国際 第3部・選手紹介/3 川上顕寛三塁手/甲山達也遊撃手 /山口

川上顕寛三塁手

 <第90回記念選抜高校野球>

「初球からいく」元気印 川上顕寛(たかひろ)三塁手(2年)=福岡・穂波東中

 「基本的に初球からいく」。積極的に振るスタイルで、昨秋の公式戦は42打席で三振なし。打率も4割を超え、チーム一を記録した。自らを「元気印」と呼び、三塁からひときわ大きな声でチームを盛り上げる。

 中軸を任された1年の夏、延長戦にもつれ込んだ県大会準々決勝で、同点のチャンスに内野フライを打ち上げ、最後の打者となった。悔しい経験をバネに厳しい練習を重ね、昨夏の甲子園初出場へつなげた。

 坂原秀尚監督が常々口にする「当たり前のことを素晴らしく」との教えを胸に刻み、送球がそれる可能性を予…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文765文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです