メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強者に勝て

’18センバツ下関国際 第3部・選手紹介/3 川上顕寛三塁手/甲山達也遊撃手 /山口

川上顕寛三塁手

 <第90回記念選抜高校野球>

「初球からいく」元気印 川上顕寛(たかひろ)三塁手(2年)=福岡・穂波東中

 「基本的に初球からいく」。積極的に振るスタイルで、昨秋の公式戦は42打席で三振なし。打率も4割を超え、チーム一を記録した。自らを「元気印」と呼び、三塁からひときわ大きな声でチームを盛り上げる。

 中軸を任された1年の夏、延長戦にもつれ込んだ県大会準々決勝で、同点のチャンスに内野フライを打ち上げ、最後の打者となった。悔しい経験をバネに厳しい練習を重ね、昨夏の甲子園初出場へつなげた。

 坂原秀尚監督が常々口にする「当たり前のことを素晴らしく」との教えを胸に刻み、送球がそれる可能性を予…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文765文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです