メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む

センバツ90/上 成長へエンジョイ

試合中、笑顔でグラウンドを駆け回る慶応ナイン=高知市の春野総合運動公園野球場で2018年3月11日、畠山哲郎撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

 「次の回から新しい試合と思って締めていこう!」「走者が出てもいつも通りで!」。11日、合宿地の高知市で、練習試合をリードで折り返した慶応(神奈川)ナインの掛け声が、春風の舞うグラウンドに響いた。ミーティングの円陣に監督やコーチはいない。下山悠介主将(2年)は「選手自ら気づいた点を言い合う。楽しい雰囲気をつくる伝統です」と言い切る。

 エンジョイベースボール--。厳しさに耐えるイメージがある高校野球だが、慶応はこの独自方針を貫き、長…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです