メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む

センバツ90/中 地元ぐるみ、刺激に 競い合う大切さ説き

 <第90回記念選抜高校野球>

 21世紀枠で伊万里が選ばれて以来、地元の佐賀県伊万里市は「甲子園出場が街を活性化させる」と、開幕を心待ちにしている。「切磋琢磨(せっさたくま)の土台をつくるのが大人の役目です」。同市“甲子園プロジェクト係”で伊万里OB、西尾義久さん(44)が説明する。

 隣の有田町も含めた「伊西(いせい)地区」は他に四つの高校があり、甲子園は伊万里商が2006年春、伊万里農林が09年、有田工が13年に夏の出場を果たした。原動力は地域の野球熱だ。

 球場名を記す伊万里焼の陶板が掲げられた同市の国見台野球場。ケージやスピードガンは地元企業が寄付し、…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟女性遺体 不明の知人男性か 遺体を発見
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです