メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選抜高校野球

智弁和歌山18年ぶり決勝 壮絶打撃戦制す

【智弁和歌山-東海大相模】決勝進出を決めて、雄たけびを上げる智弁和歌山の平田=阪神甲子園球場で2018年4月3日、森園道子撮影

 第90回記念選抜高校野球大会第11日の3日は準決勝2試合。第1試合は、東海大相模(神奈川)と智弁和歌山(和歌山)が対戦し、延長十回、智弁和歌山が12-10で東海大相模を破った。智弁和歌山は準優勝した2000年、第72回大会以来の決勝進出。

 ○智弁和歌山(和歌山)12-10東海大相模(神奈川)●

 智弁和歌山がシーソーゲームで打ち勝った。4点を先行されたが、四回に4長短打で3点を奪って逆…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 学校事故 砲丸頭にあたり生徒けが 千葉の高校
  5. 柔道事故 練習で中学生重体 体格差69キロ 群馬・館林

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです