メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

大阪桐蔭3-2三重 大阪桐蔭、十二回4番の仕事

【三重-大阪桐蔭】十二回裏大阪桐蔭2死一塁、藤原がサヨナラ左中間適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年4月3日、渡部直樹撮影

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

準決勝(3日・阪神甲子園球場)

 ▽午後2時26分開始(観衆3万6000人)

三重(三重)

  002000000000=2

  000001001001=3

大阪桐蔭(大阪)

 (延長十二回)

 大阪桐蔭が終盤に粘って延長十二回サヨナラ勝ち。1点を追う九回1死一、二塁、小泉の右前適時打で同点。延長十二回2死一塁から藤原が左中間適時二塁打を放った。五回から登板した2番手・根尾は切れのある直球やスライダーで、8回を被安打4で無失点。三重は三回に梶田、浦口の連続適時打で2点を先行したが、六回以降は二塁を踏めず。九回無死一塁でも投前バントが併殺打になるなど、粘投の定本を援護できなかった。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  2. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  3. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 堺・弟殺害 父の搬送時、一緒にいた母親も昏睡状態

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです