メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第90回選抜高校野球

大阪桐蔭5-2智弁和歌山(その1) 智弁和歌山、夢続く 動じぬ打線、力尽きる

先発し七回途中まで2失点と好投した智弁和歌山の池田=森園道子撮影

 <2018 第90回記念センバツ高校野球>

決勝(4日・阪神甲子園球場)

 ▽午後0時32分開始(観衆3万9000人)

智弁和歌山(和歌山)

  000200000=2

  00020012×=5

大阪桐蔭(大阪)

 大阪桐蔭が終盤の好機を確実に生かし、逆転勝ちした。2点を追う四回に敵失絡みで追いつくと、七回は小泉の四球と犠打で1死二塁から宮崎の左前適時打で勝ち越し。八回は四球と暴投で無死二塁とし、藤原、根尾の連続適時長短打で2点を加えた。先発・根尾は七回を除いて毎回走者を許したが、自身の好守で併殺を2度完成させるなど、2失点で完投した。

 智弁和歌山は四回、連打などで2死二、三塁から東妻の左前適時打で2点を先取したが、その後は三塁を踏め…

この記事は有料記事です。

残り1760文字(全文2076文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです