メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/3(取材後記)保護者が交代で部員を送り迎え

練習後に保護者が迎えに来た車で帰宅する高千穂の選手たち=宮崎県高千穂町の同校で2018年5月14日午後6時20分、長宗拓弥撮影

 夕暮れの学校の駐車場に続々と車が入ってきた。練習を終えたユニホーム姿の高千穂(宮崎)の部員たちが乗り込んでいく。

 山間部にある学校は自転車通学がしにくく、バスも数時間おきにしか運行していない。午前6時半からの朝練習と午後7時までの放課後練習の部員の送り迎えは、保護者が交代で車を運転する。戸高裕貴監督(33)は「(保護者に)協力してもらわないとどうにもならない」と説明する。

 近年はチームと保護者との適度な距離を保つため、監督と保護者の接触を減らす傾向があり、保護者会や後援会を廃止する高校もある。だが、高千穂では戸高監督ら指導陣と保護者が毎日のように顔を合わせている。

 野球部OBで15年前から外部コーチを務める甲斐優さん(66)の存在が大きいと思う。グラウンド近くに住むため、練習後に選手や保護者が気軽に立ち寄れる。甲斐さんは退部を申し出た選手を、親子で自宅に泊めて説得したこともあった。「技術は監督に任せ、人としての心構えやマナーを教えている」と明かす。監督と保護者の橋渡しを務め、部の円滑な運営につながっている。【長宗拓弥】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです