メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/4 入試改革の余波 減る部員、苦難と工夫

廃校になった小学校のグラウンドでトス打撃をする堀川の選手たち=石川裕士撮影

 大分駅から山あいのJR豊肥線で50分。三重町駅から徒歩15分ほどの距離に、豊後大野市内唯一の高校の三重総合がある。2006年に4校が統合して開校。野球部員数はかつて1学年で30人を超えたが、今年の新入部員は7人だけ。那賀誠監督(51)は「豊後大野市内で目を付けていた選手は5人とも大分市の高校へ入った。全県1区の影響もあると思う」と苦笑する。

 文部科学省によると、昨春時点で24都府県が学区を撤廃。大分県は08年度から「全県1区」を導入して県…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1028文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  3. 象牙市場「即時閉鎖を」 ワシントン条約の元事務局長が日本批判
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです