メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/4(取材後記)練習は無駄を一切省いた1時間半

廃校になった小学校のグラウンドで谷正幸監督(中央)の話を聞く堀川の選手たち=京都市中京区で2018年5月16日、石川裕士撮影

 全く無駄のない練習だった。堀川(京都)の選手はトス打撃を一定時間行うと、短距離ダッシュ代わりの全力疾走をし、すぐにノックを受ける。谷正幸監督(60)はあまり指示せず、選手たちは黙々とメニューをこなしていた。

 一昨年の練習拠点変更が、練習内容も変えた。平日1時間半の練習時間は以前とほぼ同じだが、学校からの移動距離を片道30分から5分に短縮して勉強時間を確保したことで、選手たちはより集中して練習に取り組むようになり、無駄な時間を一切省いた。主将の藤川聖起二塁手(3年)は「勉強の時間を確保できるから、練習にも集中できる。練習時間は短いが、マイナスと思ったことはない」と説明する。

 同校は1999年に「探究科」を新設し、その1期生が卒業した2002年に国公立大学合格者を激増させて「堀川の奇跡」と呼ばれた。谷監督は目標を「野球を3年間頑張った生徒が現役で志望校に合格できる部」と掲げる。今の3年生は練習拠点を移した時の1期生。夏の京都大会で3年連続2回戦敗退の同校が、学業に加えて野球でも奇跡を起こすことを期待したい。【石川裕士】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  3. 大阪震度6弱 エレベーターの閉じ込め相次ぐ
  4. 大阪震度6弱 心肺停止2人に 大阪市でも81歳男性
  5. 大阪震度6弱 大飯・高浜原発、もんじゅなど「異常なし」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]