メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球・新世紀

第6部 制限される現場/4(取材後記)練習は無駄を一切省いた1時間半

廃校になった小学校のグラウンドで谷正幸監督(中央)の話を聞く堀川の選手たち=京都市中京区で2018年5月16日、石川裕士撮影

 全く無駄のない練習だった。堀川(京都)の選手はトス打撃を一定時間行うと、短距離ダッシュ代わりの全力疾走をし、すぐにノックを受ける。谷正幸監督(60)はあまり指示せず、選手たちは黙々とメニューをこなしていた。

 一昨年の練習拠点変更が、練習内容も変えた。平日1時間半の練習時間は以前とほぼ同じだが、学校からの移動距離を片道30分から5分に短縮して勉強時間を確保したことで、選…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. 質問なるほドリ パーキンソン病って何? 脳の指令伝わらず震え 国内に約16万人=回答・荒木涼子
  4. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  5. 安倍内閣 片山氏疑惑報道 野党が「資質」追及に照準

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです