メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

甲子園 春夏連覇から20年(その1) 世代背負い、松坂復活

ソフトバンク戦で今季3勝目を挙げ、ハイタッチする松坂=名古屋市東区のナゴヤドームで2018年6月8日(スポーツニッポン新聞社提供)

 3万4669人の観客が詰めかけ、球場は熱気に包まれた。先発マウンドに登る松坂大輔投手(37)の名前がアナウンスされると拍手と歓声が巻き起こった。

 8日、プロ野球の中日はナゴヤドームでソフトバンクと対戦。昨季まで在籍していた古巣相手に、中日の松坂は少し力が入ったのかもしれない。四球を与えるなどして2度も満塁のピンチを招いたが、粘り強く投げて5回1失点。今季3勝目(3敗)を手に入れた。

 「客寄せパンダ」「また右肩の故障が悪化して離脱するのでは」。今年1月、中日のテストを受け入団が決ま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです