メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

甲子園 春夏連覇から20年(その2止) 諦めず、投げ続ける 日本復帰の松坂、故障に苦闘3年

DeNA戦に先発して今季初勝利をあげ、ドアラと笑顔を見せる松坂。日本球界では12年ぶりの勝利となった=名古屋市東区のナゴヤドームで2018年4月30日、大西岳彦撮影

 

「やり切れていない」

 今から1年前の2017年初夏。当時、ソフトバンクに所属していた松坂大輔投手(37)は、消えることのない右肩の違和感にもがいていた。

 この年は3年契約の最終年。勝負のシーズンだった。2月のキャンプから精力的に投げ込み、3月のオープン戦でも順調に調整。シーズン開幕前、最後の実戦となった同25日の広島戦では、7回を無安打無得点の完璧な仕上がりを見せ「良い内容だった。この状態を継続していくしかない」と決意をにじませた。周囲も「今年こそは」と期待が膨らんだ。

 豊富な戦力を擁するチームに所属するが故に開幕ローテーション入りこそ逃したが、4月中旬には主力の離脱…

この記事は有料記事です。

残り4960文字(全文5249文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです